紙めくりて

ブルベ冬と診断されたオタクがコスメで右往左往するブログ

持て余している万年筆のインクを有効活用

スポンサーリンク

店頭で一目惚れしたけど、普段そんなに万年筆は使わない……

そんな人にオススメしたいのが、Kuretakeのからっぽぺん!

f:id:kamituduri:20200924072300j:plain

本来はKuretateから発売されているオリジナルインクキットで作ったインクを使う用途なのですが、これがなかなか便利です。

ペンの本体軸と綿芯、尾栓がセットになっています。 綿芯にインクを8割ほど吸い込ませれば、細ペンとして好きなインクを普通のペンとして使うことが出来ます。

細ペンタイプを買いましたが、筆ペンタイプも販売しています。

セーラーの四季織から、筆ペンタイプの四季織マーカーと同じように使うことが出来ます。

f:id:kamituduri:20200924072343j:plain

「このインクの色が好きだけど、万年筆は普段使わないし……」

そんなインク沼の浅瀬で遊んでいる人を沼に叩き込むやべーーやつですね。

難点は使い捨てなところかな。

1本200円なので、普通のカラーペンと比べるとちょっとコスパは微妙。

万年筆なら必要ないコストではあります。

 

この商品のメリットは、

・万年筆より持ち歩きやすい。

・万年筆より初期費用が低くすむ。

・通常のペンと同様のペン先で使いやすい

・軽い!兎に角軽い&細い

 

これはそのままデメリットにもなるので、

・見た目が安っぽい

・使い捨てで、インクを使いきったら買い直す必要がある

・ペン先の太さが2種類に限定。万年筆のカリカリ感はない

・ 見た目が安いっぽい(2回目)

 

私は家にあったけど、使ってなかった色彩雫の紺碧を入れました。

f:id:kamituduri:20200924072407j:plain

私は細ペンが好きなので、万年筆はMFかFを買いがち。

でも、紺碧はとてもキレイな青なので太目のペン先で使いたいなぁ…と思っていたんです。(あとは単純にペンが足りない)

万年筆のカートリッジは各社それなりに持っているんですが、ペンが足りないのはね…。軽率に本体を増やすと面倒見切れないし。

今カクノに入れているインクがそろそろ終わるので、そっちにいれるのもいいのですが、カートリッジの便利さに飼い慣らされているところがあります。

カートリッジ便利。

(セーラーから空のカートリッジも出てるんですけど、カートリッジの最大の利点って未使用のインクを持ち歩きやすいところだと思うので。そうじゃないんだよなぁ!!って気持ちになる)

f:id:kamituduri:20200924072437j:plain

その辺にあったシステム手帳に試し書き。

あーーーーーやっぱり紺碧いい青だ。ブルーブラックってほど暗い色じゃないから、使い所が悩ましいところがあるけど。青好き!

からっぽぺんにはばら売りの1本セットと5本セットがあります。

 うーーーーーん、これは便利だ。

5本セットでストックしておこうかな。使ってないインクボトル5本もないけど。

あ、でもセーラーの四季織の山鳥が欲しくて買うか悩んでたんだよな。

青とか青緑のインクは好きで収集したくなってしまう。

 買っちゃおうかな……うーん、インク沼が捗りますねぇ……

呉竹 ペン容器 からっぽペン ほそ芯 5本セット ECF160-451

呉竹 ペン容器 からっぽペン ほそ芯 5本セット ECF160-451

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: オフィス用品
 

 

www.kuretake.co.jp