紙めくりて

ブルベ冬と診断されたオタクがコスメで右往左往するブログ

舞妓はんのすみれカラーにはもう出会えないと思ってました……!!

スポンサーリンク

こんにちは。浦野あきらです。
今回は買ってきたものを紹介したいと思います。
今日買ってきたのは、この3点

f:id:kamituduri:20190726182826j:plain
セリアのシリコンパック(ついに買いました)
舞妓はんの化粧下地 スミレカラー
舞妓はんのフェイスパウダー スミレカラー


滅茶苦茶限定に弱い人になってるんですが、
舞妓はんのスミレカラー化粧下地は限定商品。
気になっていた商品だったのですが、限定で手に入れられず。なくなく諦めた商品だったんです。
それが、今回リニューアルして帰ってきた!
売り場で運よく見つけてしまい、その場で衝動買いしました。

シリコンマスクは使い心地をちょっと試してみて、もしよければマスクする時のお供にしようと思います。
でも、乾燥を防ぐ構造だから、これ液垂れがちょっと怖いですね…。
顔のサイズに合わせて耳かけが二パターンあるのは便利だと思いました。
大体こういうの顔のサイズに合わないんだよな……( ˘ω˘)

下地は他の色と同じく、SPF30 PA3+なので、日常使いするには十分な日焼け止めにも。
スミレ色と桜色の2種類の偏向パールで光沢を仕込むとのこと。
テスター触った感じ偏向パールは全く分かりませんでしたが、このシリーズ兎に角顔がワントーン白くなるので。
透明感とツヤを足してくれるのはいいですね。
あとは、美容液成分が200%!
桜の花エキス、椿油大豆イソフラボンが配合されていて、どれも保湿目的。
だからといってヨレ易いかというと、撥水・撥油効果があるみたいなので、潤ってよれない感じなのかな???
乳液仕立てで、テスターを触ってみてもやはり伸ばしやすい。
いいですねーーー!!大好き!

舞妓はんのパウダーの方は、リニューアル前に使っていました。
リニューアル前はメッシュ地でパフを押し付けると、パウダーが付く形式だったんですが、構造が変わったのかな?
メッシュじゃなくなってますね。桜の花弁型の穴が開いていて、そこからパウダーが付くようになっているようです。
前のメッシュ式はパウダーが付きすぎてしまうし、このシリーズ舞妓って名前通り、透明感のある白肌仕上がりなので、
まぁ、このパウダーつけすぎると犬神家の佐清見たいになっちゃうんですよね。
なので、パウダーが調整しやすい形状になったのはいいですね。
こちらにも下地と同様にスミレ色と桜色の偏向パールが入っていて、透明感のあるツヤ肌になるとのこと。
まぁ、偏向パールはテスター触ったときから行方不明ですけどね(マジでパールとラメ発色しない肌です)
こちらのパウダーも下地と同じく美容液が配合されていて、美容液でパウダーを包んでいる構造。
体温で溶けて肌に密着するみたい。肌に乗せた直後はさらさらしていて、そんな感じ全然ないんですけどね。
しかもこれ、24時間OKってタイプだ!
お泊りの時のすっぴん風メイクのときにも使えますね。私はメイクは完全にオフしたい派なんですが、
ずっとつけておけるタイプなら、肌にも優しそうだと思うので不思議。
わー、使うの楽しみ!