紙めくりて

気になった文具と本と時々神社の徒然日記

Editの2019年バーチカル手帳!

2019年の手帳買いました!

悩んでいたんですが、結局EditのA5サイズバーチカル手帳を買いました。

併せて、仕事用にポケットサイズのシステム手帳も購入。

2019年のリフィルも買い、バレットジャーナルとの合計3冊使いという結論に今のところ着地

 

Edit

f:id:kamituduri:20180928230304j:plain

 

今年のEditバーチカルは土日均等になったのが滅茶苦茶ポイント高いです。

紙質は勿論、シンプルなデザインは変わらず。

f:id:kamituduri:20180928230408j:plain

f:id:kamituduri:20180928230424j:plain

バレットジャーナルは続けていくつもりなので、実質手帳は3冊になります。

でも、スケジュールの管理はEditに纏めるつもりです。

少し、バーチカルの時間が物足りない気もしますが(今年は1行日記をバーチカルに書き込んでいたし…)最悪、不満部分はバレットジャーナルでカバーできるので、心の衝動に任せてEditにしました。

色は大好きな青系統の落ち着いたネイビーに。気付くと小物は端から青系統になります。今の手帳もネイビーだぞお前。

カバーも悩みましたが、チャックで開け閉めするタイプのカバーはあまり好きではないし、Editのイタリアンレザーっぽい表紙のさわり心地が嫌いではないので、シンプルに使おうと思います。

収納はバレットジャーナルに持たせているので……(バレットジャーナルの自由度の高さに滅茶苦茶助けられています)

 

ポケットサイズのシステム手帳

運用テストと言うことで、手の出しやすい商品を購入。大体1000円でお釣りがでる感じの価格設定でした。当然革でそんなシステム手帳があるはずありません。そうです、断腸の合皮です。

やっぱりシステム手帳は革がいいんです。でも、文具の浮気は日常なので一旦合皮のこちらで運用試験をしてから革手帳を購入することにします。

シンプルに使いたいから革手帳を買うとしてもダヴィンチかなぁ。ちょっと買うときにはまた悩みたいと思います。

購入したのは、レイメイ藤井のキーワード スリム ポケット

 

f:id:kamituduri:20180928230513j:plain

ポケットサイズのリフィルにぴったりサイズ。ベルトもない大変シンプルな手帳です。

2019年用のリフィルも同じく、レイメイ藤井のKeyword 月間-1

 

f:id:kamituduri:20180928230621j:plain

f:id:kamituduri:20180928230642j:plain

手帳に付いてきたフリーのマンスリーは今年中の分に使用して、運用テストに使います。

仕事の予定は、病院に来てしまえばそこから動くことはないのでバーチカルは持て余します。って言うか、手帳を持ち歩いたり、見たりしないんですよね。

いざという時に両手が開いてくれないと困る。

そのせいなのか、看護師とか医療職者は院内で手帳を見ながら、決まった予定で動くことってあまりありません。スマホを持ち歩ける職場が増えているので、手帳はデジタルか専用のアプリでって人が多い気がします。紙で、普通の手帳を院内で持ち歩いているのは管理職よりの職種の方かな。

私は管理職ではないので、ポケットに収まるマンスリーで管理します。

予定を管理するといっても、この日は早番とか、この日は何時から会議とか。

そういう予定で、営業のように1日にいくつも詰まった予定は管理しません。

それでも、月の予定はポケットに入れておきたいんですよね。

あと、まだ新人なのでメモすることがたくさんあります。

私は要領が悪いので、その日絶対にやらないといけないこととか、忘れちゃいけないことをメモ部分に書いていきたいと思います。

f:id:kamituduri:20180928230707j:plain

その日の情報はワークシートとか、A4サイズ1枚で出したりするんですけど、やっぱり両手は開けたいから折りたたんでポケットへ(バインダーに綴じたりもするんですが、私の病棟はバインダー不便でした)2日もすればワークシートはぼろぼろ。

メモを取るにもワークシートは個人情報の観点からも院内から持ち出せませんから、持ち出したい情報は別個メモ記載必須です。

システム手帳なら、マンスリーとメモが1冊で済みます。

まずは手帳に付いてきたメモを使いますが、それが使い終わったら、ライフ ノーブル システム手帳 リフィル 方眼 ミニを挟もうと思います。

 

f:id:kamituduri:20180928230724j:plain

システム手帳より少し幅が大きいのですが、ミドリのMDノート以外で好きなノートの一つ。どうせ使うなら、少し単価が高くても好きな紙が使いたいです。

一番はミドリからシステム手帳のリフィルが出るか、レターパットをシステム手帳用に加工することなんですが……(出ないだろうし、加工は面倒臭いですね)

A5のシステム手帳は過去に使っていたので、実はパンチ自体は持っています。

A4の資料を管理するなら、A5が一番便利でした。ちょっと重いですけども。

だから、リフィルの自炊も不可能ではないのですが……面倒臭いが勝つので……ちょっと運用してみて真剣にこれだ!!と思ったら、手間とお金をかけることを検討したいと思います。

 

以上、来年2019年の手帳暫定決定でした!

最近東急ハンズのメルマガで逆算手帳の特集をしていて、少し心が揺れ動きましたが、一先ずこれで2019年を迎えようかと思います。