紙めくりて

気になった文具と本と時々神社の徒然日記

カバーマークのクレンジング

カバーマークトリートメント クレンジング ミルクを頂いたて、3週間ほど利用しましたのでぽつぽつと感想まとめです。

 

キャッチコピーは

「ファンデーションがすっきり落ちて、化粧水を忘れるほどの潤い感」

 

他の記事でも触れていますが、今私はアトピーの症状が出ている状態で、肌は超敏感。乾燥ここに極めたりといった砂漠状態。

当然お風呂上りは油分で蓋をしないとあっと言う間にカサカサになります。

それでもメイクはしているんですが、やはり肌を労わるには化粧をしっかり落としてあげることが大切だと思います。ですが、強いクレンジングで落として肌を余計に刺激しては本末転倒。

私がクレンジングに求めることは、

・洗い上がりの肌がつっぱらない(洗浄力が強すぎない)

・出来れば使用はお風呂場で(面倒臭い)

極論この2つです。

 

それではカバーマークの「トリートメント クレンジング ミルク」について。

*よい点

 ・ミルクタイプなので、オイルが駄目な人も使える

 ・ボトルが大きくポンプ式(目が悪いと小さいボトルはお風呂場で迷子になる)

 ・肌が突っ張らず、微かなもちもち感

 ・ミルクの割りに高い洗浄力

 

*悪かった点

 ・オイルに比べると洗浄能力はやはり劣る(特に目元は顕著)

 ・肌に潤いとは言っても化粧水を忘れられるほどではない

 ・ミルクタイプなので使うのに少々コツがいる

 ・ダブル洗顔が必要

 

ざっくり纏めるとこんな感じ。

洗浄能力はよく落ちるとは書いてありますが、オイルには劣るかなといった印象。

私は平日の仕事の時は、職業柄アイラインを引いたり、マスカラや付けまつ毛ばっちり!といった目元もりもりメイクはしません。

なので、うん、まぁ使えるかなって言ったところ。

正直、たまーに落とし残しがあって気になったりもします。

オイルでもしっかり化粧した目元メイクが、するっと落とせるクレンジングは中々ないので十分な性能かと思います。あまり擦りたくないし、どんなクレンジングを使ったとしてもポイントメイク用のクレンジングを使った方がいいかなって気がしますね。

私はビフェスタのやつを使っています。安い割には荒れないし、目に沁みない。

(でも、コットン出して云々面倒臭いので、出来ればメイクは1本で落としたい)

 

ファンデーションに関しては、簡単に扱える割にするっと落ちます。

ミルクタイプって刷り込んで乳化させてと、色々と面倒臭いイメージがあったんですが、これはそれほど面倒でもなく、お風呂場で使えて塗れた手でも使えるので便利だと思います。

洗顔してからお風呂に入ってって面倒臭くて嫌いです。

あと、まつ毛エクステをしていても使えるようなので、それは貴重な商品だと思いました。

1本3000円ぐらいなので、ボトルが大きくて200gと言ってもリピートするかは、すこし怪しいかなぁ…私でも使えるオイルクレンジングがあるから、それでいいかなって気もしたりしなかったり。