紙めくりて

気になった文具と本と時々神社の徒然日記

2018年のスケジュール手帳

しばらく更新していませんでしたが、思い立ったので更新しようかと思います。2018年も上半期が終わりました。今年は本当に暑い夏ですね。始まったばかりなのにもうすでにめげそうです。上半期が終わったので、そろそろ今年のスケジュール手帳の見直しをしたいと思います。

  • 2018年の手帳は何を使っていたのか
  • よかった点
  • 悪かった点
  • 2018年の上半期スケジュール手帳はどうするか

 

2018年の手帳は何を使っていたのか

 私の2018年の手帳はかなり迷子になっていました。2017年の手帳会議ではB6サイズの1日1ページタイプEditを使うつもりでした。

 

Editは過去にも使用したことがある手帳で、バーチカルタイプと1日1ページタイプなどがありますが、有名なのは1日1ページタイプのものです。紙質がお気に入りでつるつるとした薄めの紙が特徴です。Editでスタートした2018年でしたが、当時分刻みで動く仕事だったためしっくりこず。バーチカルタイプに切り替えることに。

 公式の紹介動画が格好良かったブラウニー手帳に切り替えることになります。ブラウニー手帳は縦にも横にも使える、バーチカルメインの手帳です。

brownie-techou.com

紙はつるつるとしていて書き心地がいいですが、万年筆のインクも裏移りしない優れもの。紙もかなりしっかりしています。なかなか使い心地が良かったのですが、段々時間軸が足りなくなってきました。夜の予定、特に深夜や早朝の予定を書きたいと思ったとき、不便に感じるように。

 そこで、24時間時間軸があるジブン手帳に切り替えました。

 

ジブン手帳は24時間時間軸があるので、深夜も早朝もカバーできます。バーチカルだとノート部分が足りないため、そこは妥協してミドリのMDノートを持ち歩くことにしました。これで、スケジュールもノートもカバーできるようになり、それなりに納得して使えています。

 

 

よかった点

 なんといっても、24時間軸があり使い勝手がよい所がいいです。私はジブン手帳のA5ハーフの方を使っています。大きい分色々書き込めます。バーチカル部分をメインに使っていますが、大きいので気兼ねなく書き込める点がよいです。

 

悪かった点

大きいことは良いことだ。とは言いますが、大きいスケジュール帳は持ち運びが不便です。最近は小さい鞄が流行りですが、ジブン手帳のA5サイズのものは小さい鞄には入りません。私はMDノートも持ち歩いているので、荷物はかなり増えてします。また、ジブン手帳は色々な書き込み欄や付録があります。これを全部持つとまぁ重いこと!中身を抜いてできるだけ軽くしようとしていますが、それでも重いです。

 また、ジブン手帳は軽量化のために紙が薄いです。自慢ではありませんがずぼらな私は何度か破きそうになっています。薄い紙怖いです。

 

2018年の上半期スケジュール手帳はどうするか

 気になるところはありますが、今の所はこれで満足しています。一先ずはこのまま2019年まで使っていこうと思っていますが、懸念が一つ。

それは、転職を控えていることです。

仕事が変わると、手帳に求める機能が変わってきます。今までの仕事は自身で分単位のスケジュールを管理する必要があり、バーチカルを選択しましたが、今後の仕事はそこまで分単位で動くことは減ります。そうなってくるとサイズが大きく、細かく書き込めるバーチカルはもてあますかも。このままの手帳でいいか、また手帳会議が必要かもしれません。