紙めくりて

気になった文具と本と時々神社の徒然日記

カサカサしてる?革を日に当てすぎた!?

少し間が空きました。
あれからもいい天気が続き、梅雨入りとは何だったのかといった状態ですが、ノートカバーの報告です。
kamituduri.hatenablog.com

kamituduri.hatenablog.com

今回は写真の色合いを少し弄りました。
そのお陰で、分かりやすく日焼けが分かりやすくなりましたよ!

f:id:kamituduri:20170620114910j:plain

f:id:kamituduri:20170620114943j:plain
付箋はここに名前が入れてあるからですね。
MIDORIでは名入れもしてもらえるのです。
ちょうどお安い時期で、入れてしまいました。でも、この世にひとつ感が出てきてお薦めですよ。


さて、ここで表題の話に戻ります。
裏面を焼きすぎた気がするのです!
か、カサカサしてる?
いや、でも実際に焼きすぎた革を見たことがありません。ピンときませんが……うう、こわい。
日光浴させない派の気持ちが少しわかりました。
これは心臓に悪い。
6月、夏の陽射しで1週間です。
ダメになるのもあっという間なのでは……?
革製品、ホント繊細だな。生き物なんだなぁ。



このままではダメなのだとか

さて、これ以上焼くのは怖いですし、何より私の使いたい欲が我慢の限界です。
焼き色も、私の納得いくものになりました。
分かりにくいかもしれませんが、表側はうっすら艶もあるんですよね。
いいでしょう。使いましょう!

しかし、その前にやることがあります。

そう、オイルやクリームで油分を足してあげることです!
ホント人の肌みたいですね。
女子なら心当たりがあるのでは?髪やお肌のケアみたいですね。

オイルやクリーム、たくさんありました。
ですが、選ぶのは今回の革である「ヌメ革用」
裏を確認すると、ヌメ革使えますよーって書いてあるのもありますし、私が今回使ったのは堂々とヌメ革用と書いてありました。

使うのはこちら!
コロンブス ヌメ革用クリームです。

専用のクロスを用意しようかとも思ったのですが、柔らかい布でよいとのことでしたので、使い古した食器用ふきんを使っていきたいと思います。
一度にたくさん塗ると、シミになるとか……

とんだ柔肌です。人の皮膚以上ですね。幸いにも使っていけば、目立ちにくくなってくるそうなんですが、私は大変気にします。

馬毛のブラシで軽くブラッシング。もうすでに勝手がわかりません!!
クリームを大さじ1ぐらい布に取って……、布に軽く揉み混んで……まずは目立ちにくい裏側から。円を描くように……やさーしく塗っていきます。

ドキドキ

f:id:kamituduri:20170620122335j:plain


思っているよりつやつやしません。でも、革がしっとりした感じですね。
MDノートにかけて……完成です!
この後は自然の流れに任せて、様子を見ていきたいと思います。
うわーい。格好いい!!いいノートカバーに育つんだよ。